1. 【調べる】ライブラリー
  2. 雑誌・ムック
  3. 【脊柱管狭窄症の本】脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾 vol.4 2017年秋号」が発売しました!

【調べる】ライブラリー

【脊柱管狭窄症の本】脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾 vol.4 2017年秋号」が発売しました!

わかさ出版の脊柱管狭窄症専門誌「腰らく塾」の第4弾!
待望の脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾 vol.4 2017年秋号」が本日発売しました。

気になる内容を少しだけご紹介します!!

今回の大特集は、中国4000年のセルフケア体操「腰眼ゆらし」を特集!

第1特集は、東京中医学研究所所長・孫維良先生が指導するセルフケア体操「腰眼ゆらし」です!
特効ツボの「腰眼」を押しながら腰を動かすことで、つらい坐骨神経痛・間欠性跛行が消えたと大注目のセルフケアです。

また、こちらの「腰眼ゆらし」は、誌面と連動して本サイトでも特別動画を公開中です。
気になる方は、以下の記事をチェック!
【腰らく塾連動企画】坐骨神経痛や間欠性跛行が消えた!中国式狭窄症体操「腰眼ゆらし」を動画で紹介!

第2特集は銅冶英雄先生の新・狭窄症体操!

二つめの特集は、本サイトの記事「痛みナビ体操」でもおなじみのお茶の水整形外科院長・銅冶英雄先生が新発見した「腰椎ゴロゴロ整体」。
テニスボールを使った体操で、これまで痛みやしびれが引かなかった人が軽快した例も続々と報告される大評判のセルフケアです。

大好評だった「背骨コンディショニング」の続報を掲載

6月発売の「腰らく塾 vol.3」で掲載して全国から反響だった「背骨コンディショニング」。実践した読者が痛み・しびれが軽快した、手術を回避できたなど多くのよろこびの声が編集部に届きました!そこで、「腰らく塾 vol.4」では、さらに効力がアップする方法を紹介。

さらに、本サイトでも連動して特別動画を公開中です。
くわしくは以下の記事をチェックしてください。
【腰らく塾連動企画】大反響の克服体操「背骨コンディショニング・効力アップ法」の動画を特別公開!

まだまだ紹介しきれない狭窄症の情報満載!

そのほか、
●間欠性跛行を治す急所はなんと肩!どんどん歩けるようになる不思議な歩き方「肩甲骨リフト歩き」
●股関節・ひざ・足首の関節の動きを自力で回復!できる動作が日に日に増える「ROM体操」
●「手術してもよくならない問題」を解決!年1500件の内視鏡手術を行う「病院式術後リハトレ」
●骨や椎間板を削らず狭窄症の激痛を除くと今注目!麻酔科の新手術「エピドラスコピー」
など、まだまだここでは紹介しきれないほど内容が満載です!

ご購入は、お近くの書店または通信販売にて。
電子書籍なら、いつでもどこでもお得に購入できます。
※本の画像をクリックすると、くわしい本の情報がご覧になれます。

腰らく塾_Vol.4_表1(epub).jpg●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾 vol.4 2017年秋号
http://wks.jp/koshiraku004/
2017年9月5日発売
870+税円 ※電子書籍版(税込み900円)


●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう