1. 【知る】ニュース&トピックス
  2. 脊柱管狭窄症おすすめレシピ(食べ物)
  3. 【狭窄症克服レシピ】タマネギとショウガのポタージュ

【知る】ニュース&トピックス

【狭窄症克服レシピ】タマネギとショウガのポタージュ

著者:勝野 浩

ここでは、勝野浩先生おすすめの「ケルセチン」を多く含んだタマネギを使った「狭窄症克服レシピ」を紹介!
腰部脊柱管狭窄症の人におすすめしたい、「鎮痛作用」と「筋骨増強効果」のあるケルセチンを積極的にとりましょう!!

今回紹介するのは、「タマネギとショウガのポタージュ」です。
ショウガには体を温めるジンゲロールという辛味成分が豊富なので、寒くなるこの季節におすすめです。
さらに、タマネギの皮にはケルセチンが多く含まれるので、タマネギ皮茶をスープやポトフの出汁として使うと簡単にケルセチンが補えます。

タマネギに含まれるケルセチンなどについては、以下の記事をご覧ください。
【狭窄症克服レシピ】筋肉と骨を強める特効成分[ケルセチン]たっぷりタマネギ絶品レシピ

材料(2人分)

●タマネギ … 200g
●ショウガ … 1片
●水 … 100ml
●タマネギ皮茶 … 120ml(作り方は下記①を参照)
●顆粒コンソメ … 小さじ1/2
●塩・コショウ … 各少々
●セルフィーユ … お好みで

作り方

①まず、タマネギ皮茶を作る。タマネギの皮(3個分)を軽く水洗いして150mlの水と鍋に入れる。フタをせずに弱火で10分程度煮たら、皮をザルでこす。粗熱を取ったら冷蔵庫で保管する。タマネギ皮茶は、3日以内に使い切る。
②タマネギとショウガはすりおろして、小鍋に入れたら、タマネギ皮茶(下記参照)と水を入れて中火にかける。
③煮立ったら弱火にして、コンソメを加えさらに10分ほど煮る。
④塩・コショウで味を調えたら、器によそい、セルフィーユをのせる。

出典

腰らく塾_Vol.4_表1(epub).jpg●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾vol.4 2017年秋号
http://wks.jp/koshiraku004/
著者:勝野 浩

●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。

脊柱管狭窄症おすすめレシピ(食べ物)の記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!しよう