1. 【治す】自力改善
  2. 自力克服プログラム
  3. [脊柱管狭窄症のマル秘ツボ]大物財界人も通うカリスマ中医師が直伝〜①腰痛に効く「大腸兪」〜

【治す】自力改善

[脊柱管狭窄症のマル秘ツボ]大物財界人も通うカリスマ中医師が直伝〜①腰痛に効く「大腸兪」〜

著者:孫維良

脊柱管狭窄症では足腰の痛み・しびれなどが主な症状としてあげられます。しかし、足腰の痛み・しびれだけでなく、お尻や太ももなど痛む部分が人によって異なったり、足裏の違和感やこむら返りなど複数の症状が現れたりする場合が多くあります。
このような患者さん一人ひとりに対応するのは非常に難しいのですが、そんなときに頼れるのは自分の手を使ったツボ刺激を行う「ひとりあんま」。
中国4000年の歴史が育んだツボは、「足裏に違和感がある」「なんだか胃の調子が悪い」など、いわゆる「未病」と呼ばれる症状の改善に効果的です。

そこで、中国で推拿医師として活躍し現在、大物財界人や芸能人などもお忍びで通う東京中医学研究所の所長として中医学を広めるカリスマ中医師・孫維良先生に、脊柱管狭窄症に特効のツボ刺激「ひとりあんま」を教えてもらいました。
今回、紹介するのは、脊柱管狭窄症の患者さんの最大の悩みともいえる「腰痛」に特効のツボ押しです。
「病院や治療院に通っても、なかなかよくならない」と感じる方にこそおすすめです。

高齢者の多くが「腎虚」に陥っている

腰部脊柱管狭窄症になると、腰や足の強い痛みやしびれだけでなく、間欠性跛行や排尿・排便障害といったさまざまな症状が出現します。
これらの症状に対して東洋医学では、脊柱管狭窄症を含む慢性腰痛は「腎虚(じんきょ)」が原因と考えます。
腎虚とは、人間の成長や発育をつかさどる「腎」がエネルギー不足に陥った状態です。生命力の源である腎の働きは、加齢とともに衰えるため、高齢者の多くが腎虚といっても過言ではありません。
東洋医学では、病気は生体のバランスの乱れと考え、生体のエネルギーである「気」のバランスを重視します。気が不足したり流れが停滞したりすると病気が生じると考えるので、私たちはふだんから気の停滞を除いて巡りを円滑にしなくてはなりません。

自分の手を使ったセルフケアで狭窄症の症状を撃退

そこで、気の巡りを円滑にする簡単なセルフケアが私の専門とする推拿(すいな)療法です。推拿は、手で病気を治す中国の伝統療法で、押す(按法)・なでる(摩法)・もむ(揉法)・押し動かす(推法)などの手法があり、あんまや指圧として日本でも親しまれています。
推拿の強みは、特別な道具を必要としないので、セルフケアとして誰もが実践できるところです。特に、私が考案した「ひとりあんま」の方法は、脊柱管狭窄症のさまざまな症状を緩和する大きな助けとなるはずです。
気の停滞や乱れを知る手がかりとなるのが、経絡とツボ(経穴)です。経絡は気の通路であり、気は経絡の中を一定方向に走行しています。経絡は、縦に走る主要経路である「経脈(けいみゃく)」と、そこから分かれて手足などの末端に延びる「絡脈(らくみゃく)」で構成されています。
経絡上には気の集まるポイントがあり、それがツボです。経絡が電車の路線なら、ツボは駅のようなもの。気の出入り口であり、気の乱れもツボに出現し、ツボがゴリゴリと硬くなります。
実際に、脊柱管狭窄症の患者さんのツボを刺激する試験では、腰痛・下肢痛が軽減し、歩行距離が延びたという報告もあります。

腰痛・下肢痛に効く「大腸兪」

さて、実際に脊柱管狭窄症に関わるさまざまな症状を解消するツボの一つを紹介しましょう。
脊柱管狭窄症のさまざまな症状がある人は、腎につながる経絡の気が不足している状態なので、腎と密接に関係する膀胱経という経絡を中心にケアをします。
慢性腰痛に対応する膀胱経の「大腸兪(だいちょうゆ)」というツボは、第4・第5腰椎間(腰椎とは背骨の腰の部分)の両わきにあります。具体的には、第4腰椎のすぐ下から親指の横幅で1.5本分ほど横ですが、ツボの位置は人によって違い、一般の人が正確にツボをとらえるのは至難の業です。
ですから、握りこぶしを作って大腸兪のあたりをトントンとたたいてください。この方法なら、「点」でツボが探せなくても、「面」でツボをとらえることができます。
02_38_003.png
たたく場合は一定のリズムを保って、たたいている場所がじんわりと温かくなるまで続けてください。東洋医学的には、膀胱経の気の停滞を解消するための方法ですが、痛んだ部分の筋肉は固くなっているので、固まった筋肉をほぐす意味でも有効です。

大腸兪のツボ押しの指導で腰痛がすぐに改善した人も

脊柱管狭窄症の腰痛に長年悩んできたという50代の男性Aさんは、大腸兪を軽い力で5分ほどたたいたところ、その場で腰の痛みが軽くなったといいます。
数日続けると、痛みが完全に消えただけでなく、立ち上がったときに腰がスッと伸びて動きが軽やかになったというAさん。それから、腰痛が起こったときは大腸兪を痛くならない程度の力でたたき、痛みを抑えたといいます。

ぜひ、みなさんも自宅でできる簡単セルフケアのツボ刺激を試してみてください。

出典

出典thumbnail.jpg●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾vol.3 2017年夏号
・腰らく塾の情報はこちらから
http://wks.jp/publication/koshiraku/

・電子書籍は、こちらからご購入ください
Kindle(amazon)の電子書籍ページ

●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。


【治す】自力改善の記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!しよう

[脊柱管狭窄症のマル秘ツボ]大物財界人も通うカリスマ中医師が直伝〜①腰痛に効く「大腸兪」〜
●東京中医学研究所
ホームページ:http://www.tuina.jp/

中国で、推拿(すいな)医師として活躍し、多数のテレビ番組の出演や出版など多岐に渡る活動を行い、1987年に来日。来日後は城西大学で中医学に基づく推拿療法を教え、国立リハビリセンターや各地の治療家等を対象に推拿療法の講演を多数行う。さらに雑誌寄稿やテレビ出演により中医学の普及に努める。 また塾開講により、全国に多くの人材を輩出する。

1954年中国・天津生まれ。
●天津中医薬大学客員助教授
●天津北辰北門医院副院長
●香港中医脊診整脊学会副会長
●東京中医学研究所所長
●臨床中医推拿塾塾長
(中国医師免許保有)